スロットのヒット頻度とは?

Hit freqency at Rise of Olympus slot game

さて、あなたはオンラインカジノでいくつかのゲームの中から、最終的にオンラインスロットゲームをプレイすることにしたとします。良い選択です。スロットゲームは、分かりやすいゲーム性と莫大なジャックポットで、最も人気のあるカジノゲームの一つだからです。しかし、確率を上げるためには、正しいスロットを選ばなければなりません。

多くの初心者は、アニメーションや効果音でスロットを選びがちです。これらの要素はゲーム体験を向上させるので、何も悪いことではありません。しかし、スロットでリアルマネーを獲得するチャンスを増やしたいのであれば、ゲームの戦術的側面に注目する必要があります。そのような技術的特徴の1つが、スロットのヒット頻度です。

スロットのヒット頻度を簡単に説明すると

ヒット率または勝率はスロットの指標で、プレイヤーがウイニングコンビネーションを獲得する率を示しています。例を挙げてみましょう。あるスロットゲームのヒット率が20%だとすると、少なくとも5回のスピンに1回の割合で勝利することが期待できます。これは、完璧なギャンブルのバンクロールを作成するのに役立ちます。一方、オンラインスロットのヒット率が25%であれば、4回のスピンのうち1回はウイニングコンビネーションが期待できます。

ただし、ヒット率は理論的な指標であることに注目してください。表示される確率は、膨大な数のスピン、通常は数百万回のスピンから算出されます。

オンラインカジノのスロットは、他のカジノゲームと異なり、ゲームによって当たり回数に大きな差があります。日本のオンラインカジノのほとんどのヒット率は、平均して20%から35%です。高いものでは35%から40%程度になります。

なぜスロットのヒット率が誤解を招くのか?

ヒット率は、良いスロットを見つけるのに有効ですが、それだけでは全てを語ることはできません。ヒット率を使って、そのゲームがどれだけ有利になるかを測定ことはできません。ヒット率は、オンラインスロットが支払う金額がいかに膨大であるかを測定するものではありません。それは、マシンがどれくらいの頻度でペイアウトを生み出すかを指すだけです。

ヒット率とは、小さな勝ちも大きな勝ちも払い出しもカバーするものです。 仮に10円を賭けて1円勝ったとしても、そのスピンは1ヒットとカウントされます。このシナリオでは、たとえウイニングコンビネーションが成立しても、いくらかの損失が発生します。ゲーム中は、アニメーションや効果音によって、このことに気づかないかもしれません。カジノ業界では、これを「勝ちと見せかけた負け」と呼んでいます。 

また、RNGも重要な役割があります。RNGは各スピンの結果をランダムに保ちます。そのため、スピンの結果が上か下か、期待される結果が変わる可能性があります

ヒット率20%のスロットで100回スピンしても、60%の確率でウィニングコンビネーションを得ることができるのです。同じように、期待される20%のヒット率ではなく、8%のヒット率になることもあります。このランダム性は、スロットゲームをはじめ、すべてのRNGゲームに不可欠な要素であり、ゲームを公正なものにしています。

スロットのヒット率とボラティリティ(変動率)

ヒット率とボラティリティ(変動率)は、どちらもスロットがどれくらいの頻度でペイアウトを提供できるかを測定するものであるため、一見関連があるように見えます。しかし、ボラティリティ(変動率)は短期的にスロットゲームで勝つ確率を測定します。ヒット率が大勝ちと小勝ちの両方をカバーするならば、ボラティリティ(変動率)はこれからどれだけ勝てるかを測定します。

ボラティリティ(変動率)には様々なレベルがあります。低ボラティリティ(変動率)のスロットゲームは、高ボラティリティ(変動率)のスロットよりも頻繁にペイアウトを提供します。しかし、ペイアウトの大きさは低いです。高揮発性スロットではペイアウトは頻繁に出ませんが、出た時には莫大な金額を期待できます。

最終的な感想

ヒット率は、出玉を獲得する確率を覗き見ることができるため、有効です。しかし、この指標は非常に理論的であり、パーセンテージは数百万回のスピンに基づいています。また、RNGのため、期待される結果は変化する可能性があります。従って、リアルマネーでプレイするスロットゲームを選ぶ際には、ゲームのヒット率だけを基準にするべきではありません。RTPやボラティリティのような他のスロット指標も確認しながらゲームを選ぶことをお勧めします。

Copyright © 2022 | All Rights Reserved.

up