Provider

オンラインカジノとゲームプロバイダー

 

一つのオンラインカジノには沢山のゲームが導入されていますが、当然それはカジノが作ったわけではなく、ゲームを開発しカジノに提供する会社があります。

そういった会社をゲームプロバイダー、または単にプロバイダーと言います。

ゲームプロバイダーには、スロットゲームならMicrogaming、NETENT、Play’n GO、Red Tiger、Playsonなどがあり、ライブゲームならEvolution、Asia Gamingなど、沢山の企業ゲームを開発し、カジノは使用料を支払ってゲームを導入しています。

ここだけを見れば、一般のオンラインシステムの開発と同じです。

オンラインカジノ業界の特徴は、ゲーム及びカジノの公平性を維持するため、第三者機関の審査があるという点です。

ゲーム自体の審査ではGLIが有名です。以前はTSTが有名でしたが、2010年にGLI傘下になりました。

GLIはオンラインカジノゲームを評価します。特にRNGと呼ばれる乱数発生アルゴリズムや、RTPの妥当性などを厳しくチェックされます。

カジノの審査としてはeCOGRAがあります。これはカジノからの要請を受ける、またはプレイヤーからの要請により、ゲームのみならずカジノの運営、決済、セキュリティなどを監査するNPOです。

当サイトで紹介しているJackpotcityカジノは、eCOGRAの認定を受けていることを表示しています。

JPC_eCogra

ベラジョンカジノの場合はちょっとわかりにくいのですがマルタライセンス証の中にeCOGRAの認証を受けていることが表示されています。

VJ_MGA

オンラインカジノでプレイヤーが安心して遊ぶためにはカジノのプレイヤーの信頼関係がとても重要ですが、そこに審査会社が加わることで、プレイヤー、審査会社、カジノの三者でよりよい環境を構築することができるのです。

人気のスロットゲームプロバイダー

 

数あるスロットゲームのプロバイダーやゲームの中から人気のものを選ぶのは大変です。

その中で、多くのオンラインカジノに導入されているのを人気というなら、その筆頭はNETENT、Play’n Go、Yggdrasil、Microgamingといったところでしょうか。

NETENT

NETENT社は1996年に設立されたプロバイダーです。早くからこの業界に参入することで地場を固め、様々なヒット作を発表してきました。同社の製品は息の長い人気を保つのが特徴でしょう。

代表作はなんと言ってもStarburst。最新のスロットに比べると派手な演出もない単純なゲームですが、それだけに飽きにくいのかもしれません。Gonzo’s QuestやTwin Spinも長い間に渡っての人気作です。

Play’n Go

Play’n Go社も設立は1997年と比較的古いと言えます。同社の代表作は、多くの人がそのキャラクターに驚いたであろうMoon Princess。他にもBook Of DeadやReactoonzなどがあります。Demonは2019年6月にリリースされました。英国のメタルバンドDemonをフィーチュアしたBGMがカッコいいです。

Microgaming

ビデオスロットのプロバイダーとしてMicrogamingは外せません。ジャックポットスロットのMega Moolahを始めとし、Immortal Romance、Tomb Raider、Jurassic Parkといった多数のヒット作を送り出しました。Agent Jane Blondeは新作となって戻ってきました!

Yggdrasil

バイキングシリーズが有名なYggdrasil社ですが、最近はゲーム冒頭にCoolな3Dムービーが付いているので、それを見るだけでも楽しいです。

ちょっと古いですがNitro CircusはNITROの文字を集めると乗り物に乗ってジャンプしてアイテムを集めるのですが、スーパー◯オを思い出します

それに続くのがPragmatic Play, ISoftbet Quickspin辺りでしょうか。おいおいご紹介していきましょう。


オンラインカジノとゲームプロバイダーの関係

 

Game Online

 

ゲームプロバイダーは、オンラインカジノにゲームを提供しているゲーム開発会社のことです。

とはいえ、カジノ側にゲームを渡してはい、終わり、という薄い関係ではありません。

プロバイダーの役割

オンラインカジノにおけるプロバイダーの役割について、簡単にまとめます。

ゲームの企画、設計

オンラインカジノでの人気や話題などを考慮し、次作の企画をします。

例えば

あのゲームのシステムは好評なのでキャラ変更+システムの改造はほどほどに

全く新機軸のゲームを打ち出す

映画やドラマなど、話題のモノをモチーフにする

最近は版権モノのゲームには大変厳しい状況ですが、Microgaming社は実際の映画を題材にしたゲームを多数出していますし、Playn’GO社はロックバンドとコラボしたゲームを出しています

技術開発

既存の技術だけでゲームのバリエーションを増やしても限界がありますしプレイヤーが飽きてしまいます。なので、プロバイダーは常に技術力を磨いています。グラフィックやゲームシステムは勿論、前述のサーバー関係など。

最近ではAdobe社のFlashプレイヤーからの脱却が進んでいます。HTML5という技術により、Flashを使わなくてもブラウザー上で動画が動きます。Flashは各ブラウザーが対応を停止しつつあるどころか、Adobe社が2020年をもって開発中止を発表しています。だからといってゲームが即座に動かなくなるわけではありませんが、Adobe社での人員も減りますしバグの対応も遅れるか最悪対応しなくなります。

プロバイダーのFlash離れはプロバイダーにもプレイヤーにもカジノにもメリットがあると言っていいでしょう。

今後は3D化が加速するでしょうし、VRを使ったオンラインカジノも開発が進んでいます。

ゲームの売り込み

カジノにゲームの提案、売り込みをします

カジノに聞いたところ、導入するかしないかは1)カジノが人気や需要を見て指定、2)プロバイダーからの提案、3)契約の時点である程度の導入が決まっている、などがあり全てミックスなのですが、プロバイダーからの提案が比較的多いとのことです。

ゲームの導入

オンラインカジノに導入されているゲームは、カジノのサーバーで動いているわけではなく、プロバイダーの共有サーバーにあります。従って、この導入作業とはゲームの繋ぎこみになります。

というと簡単ですが、実際には通貨の設定、カスタマイズ(ライブゲームならテーブルの色とか専用テーブルの有無等)、モニタリングするデーターの選別、負荷テストなどいろいろあるかと思います。

共有サーバーの場合は、接続するカジノ数、ゲーム数、プレイヤー数が増大するにつれ、サーバー自体の能力、ハードウェアやネットワークの増強など先読みが必要で、システム運用側にすると頭の痛いところでしょう。最近ではモバイル端末での動作検証も必要です。

何しろ、プレイヤーのお金、場合によっては何百万、何千万、何億のお金が動きますので、なにかあってから対処するわけにはいきません。安定性、速度、セキュリティ対策など、導入時のプロバイダーの責任は重大です。

Evolution社などのライブゲームでは、数カ所のスタジオを持ちそこに何台ものテーブルとディーラー、カメラを設置し配信します。

そのスタジオ選びも重要な要素ですし、導入カジノが増えた、新しいゲームをリリースしたなどの場合はディーラー数の確保と訓練が必要です。

モニタリング

ゲーム導入後のモニタリングも重要です。全ての賭けは履歴を取られており、極端に異常な賭けはすぐにアラームが上がります。カジノから出金する時には、それまでの賭け履歴をチェックし、疑わしい場合は出金を止め状況の確認や更に書類の提出を求められる事があります。

カジノとプロバイダーの分担ははっきりと決まっておらず、プロバイダー自体の新規導入では当然取り決めが必要ですし、既存プロバイダーでも流動的な様子です。

プロバイダーは毎日、毎月と新しいゲームをリリースし、カジノ側は他のカジノより1日でも早く稼働させようと必死です。

新しいゲームを見つけるた時、プロバイダーとカジノの中の人を「ご苦労さまでした」と労ってあげてください。

ゲームプロバイダーにも注目してみよう

 

このサイトでは、ゲームまたはオンラインカジノそのものについてご紹介してきました。それは楽しいカジノライフをおくる上で大事なことですが、カジノにゲームを提供しているプロバイダーに注目するのも更に楽しさを増す手段です。

プロバイダーに注目する理由

では、なぜ敢えてプロバイダーに注目するのでしょうか?そのメリットは?

見慣れたゲームシステム

すでにメジャーであるプロバイダーであれば、やり込んで良く知ってるゲームもあるでしょうし、新しいゲームでも基本システムは似通っているケースが多々あります。

その場合は始めてプレイするゲームでもすぐにコツを掴むことができるでしょう。自分なりの必勝法も見つけているかもしれません。

またこれかよ。。と思う可能性もありますが何らかの新機軸を盛り込んでいるでしょうから、一通りプレイすると、お気に入りになるかも?

例えば、みんな大好きハワイアンドリームと次作のバトルドワーフの場合の共通点と新機能というと、以下のようになるのではないでしょうか。

共通点

3×3のパチスロ風リール構成

一回の爆発力ではなく、ボーナスゲームが連チャンすることで勝利金が増えるため、ドキドキが長時間持続する

ボーナスゲームのチャンスを増やすリスピン

新機能

ボーナスゲームの前のミニゲーム

連チャンがボーナスゲームの回数ではなくフリースピンの回数が増えることで持続する

2種類のスーパーボーナスゲーム

このように、ハワイアンドリームの人気の要因である日本人に馴染みのある3×3のリール構成は踏襲しつつ、更にドキドキ感を増すゲームへと進化しています。

シリーズもの

プロバイダーによっては、ひと目でわかるシリーズものを持っていることがあります。

一番有名なのはユグドラシル社のバイキングシリーズでしょうか。

また、Microgaming社のAgent Janeもシリーズといえるかもしれませんが、システム、キャラデザインとも完全に別物になっています。

Play’n GOのRich Willdシリーズも今後の展開が楽しみです。

キャンペーン

どのカジノも常時キャンペーンを行っています。多くの場合はカジノオリジナルなのですが、プロバイダー主催のキャンペーンもあります。これはプロバイダーが複数のカジノを対象に行うもので、開催するのであれば対象のゲーム、開催時期、賞金などが同じです。アカウントを持っているカジノが複数あり、そのうちのいくつかでプロバイダー主催キャンペーンが行われる場合は手持ち資金とか相性とか自分のやりやすいカジノで参加すれば良いですし、その商品がどうしても欲しい場合は複数のカジノから参加しても問題ありません。

正直に言って、新しいプロバイダーとかキャンペーンは、開始直前あるいは開始当日になって初めて公開されることが殆どで、事前にメールでお知らせが来ることもあります。特に注意したいのは、数日の短期キャンペーンでは開始時間が欧州時間で記載されているケースが多く、あちらでは早朝開始のつもりでも日本では夕方だったりする事です。

キャンペーン参加時には、開始日時は日本時間か、欧州ではサマータイム中かどうかをよく確認しましょう。

新プロバイダー、新技術

そのカジノで新規に導入されるプロバイダーがある時も狙い目です。多くの場合はXX導入記念としてお得なキャンペーンが開催されます。新進のプロバイダーであれば既存プロバイダーに負けないように何かしら新しいシステムや技術を投入しているでしょう。例えばFlashではなくHTML5を使う、画質を維持したまま圧縮率を高めてゲームの起動を早くしたりと、地味な改良が加えられていることもありそうです。

なによりも、新しいプロバイダーの新しいゲーム、というだけでもウズウズしてきませんか?

このように、ゲームやカジノだけでなく、プロバイダーにも注意してみると新しい楽しみかたが発見できるかもしれません。

人気ライブゲームプロバイダー

 

百花繚乱といった様子のスロットプロバイダーですが、ライブゲームだって負けてはいません。

ライブゲームの場合、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどルールがしっかり決まったゲームなので、突飛な演出はできません。また、ディーラーの腕、雰囲気、表情などもテーブル選択の要素になるでしょう。

言ってみれば人間力勝負なのかもしれません。そしてそんなところがハイローラーを引きつけるのでしょうか。

ライブゲームとは

ライブゲーム、ライブカジノと言うこともありますが、それはどのようなゲームを指すのか復習します。

ディーラー

ライブゲームの特徴は、ビデオゲームと違い、生身のディーラーが画面の向こうにいることです。これは各プロバイダーがスタジオを構え、そこで撮影・配信しています。

ビデオでない証拠に、プレイヤーの手札の合計数を読む、ディールに反応する、チャットで話しかけることができる、などがあります。

ディーラーは女性が圧倒的に多いのですが、プロバイダー毎に欧州系、アジア系など特徴があります。

他のプレイヤー

ビデオゲームは原則1人で行いますが、ライブの場合同じテーブルに他のプレイヤーが同席します。ブラックジャックなどでは対ディーラーの勝負なので他のプレイヤーが絡んでくることはありません。

プレイの様子をみることはできますので、勝ってる人がどういう戦略を取っているかを知ることができ、勉強になります。

お試しプレイは無し

殆どのカジノでは登録・ログインしなくても無料でスロットを回すことができますが、ライブゲームは登録前にテーブルに入ることはできません。最低でも登録が必要で、中には残金0だと拒否される場合すらあります。残金0でも着席する事はできますが、他のプレイヤーの迷惑になるので、ベットに参加しない時は立ち見(?)で観戦しましょう。

 

人気のライブゲームプロバイダー

 

ライブゲームは生身の人間を撮影・配信するため、動画の画質、滑らかさ、安定性がスロットより高度が技術が要求されます。スロットでフリースピン中にゲームが止まった、回線が切れた場合、再度ゲームを選択すれば中断したところから再開できます。ライブゲームではリアルタイムに進行するので、例えば何かしらの理由でプレイが止まった場合、レジュームはできません。

従って、プロバイダーには自ずと高度な技術力が必要になり、スロットのプロバイダーに比べてライブゲームプロバイダーは少なくなります。更に、上記のような条件を満たし、かつ満足度の高いプロバイダーは多くは無く、Evolution社、Asia Gaming社、Ezugi社が筆頭です。

以下にその3社をご紹介します。


Copyright © 2016 | All Rights Reserved.

up