"> 日本のカジノで認められる9つのゲーム - japanonline-casino
Japan-Offers-Mobile-Casino-Games-to-Residents.jpg

日本のカジノで認められる9つのゲーム

2021年のIRカジノ開発では、国の日本カジノ規制委員会(JCRC)が、これまでとは異なる公示がされました。最も重要な発表の一つは、昨年4月に発表された規制案です。

今回発表された規則では、カジノ規制委員会は、将来の日本のランドベースのカジノで営業が許可される9つのゲームを挙げています。同委員会は、現在日本で禁止されているが、政府のIR開発計画の一環として合法化される予定の21種類ものゲームを含んでいます。

その9つのゲームとは、バカラ2種、ブラックジャック4種、ポーカー8種、ルーレット、シックボー、クラップス、カジノウォー、マネーホイール、パイゴウなどが挙げられます。

また、カジノ規制委員会は、カジノスロットやビデオポーカーなどの電子ゲームを認める予定です。ただし、RTP(Return to Player)が90%以上で100%に達しない電子ゲーム機に限り、カジノフロアに設置することができます。

これは、どんなに人気のあるカジノスロットであっても、RTPが90%以下であれば、IRカジノ内での運営は認められないということでもあります。

この規制はネバダ州と似ていますが、アジア太平洋地域の他の司法管轄区よりも高くなっています。ちなみに、マカオとオーストラリアのカジノでは、RTPが85%から90%の範囲のエレクトロニック・カジノ・ゲームの運営が認められています。

興味深いことに、日本で人気のあるパチンコやパチスロなどのゲームは、許可されたカジノゲームのリストに入っていませんでした。委員会は、これらの当たり前の昔からあるのゲームなのにリストに載らなかった理由について声明を発表していませんが、当局がこれらのゲームを目指しているハイクラスのゲームとは考えていないのではないかと多くの人が推測しています。

パチンコやパチスロは、国内で合法的に遊べるアダルトゲームのほんの一部に過ぎません。このゲームの年間収益は2,000億ドルで、これはラスベガスのすべてのカジノの合計収益の約30倍にあたります。.

パチンコ店は全国に数千店舗あり、各店舗では毎年新しいパチンコ機を導入しています。

日本でおなじみのゲームで、リストに含まれていないものには、麻雀や花札などがあります。.

しかし、カジノ規制委員会が規制案について国民から意見やアイデアを募ったことで、これらのカジノゲームが将来のIRカジノのフロアに登場する可能性が出てきました。これらの意見は、IRの最終的なカジノ規制を決定するために使用されます。

社会的信用に関する厳格な規制

また、この規制案では、国のIR開発計画において、カジノライセンスを取得する際の基準を厳しく設定しています。発行された法律では、経営者や主要株主を含む事業者に関する「社会的信用」が規定されています。

ライセンスを受けようとするすべての企業や経営者は、調査のための個人的なバックグラウンドチェックを受けることになります。役員、運営者、株主は、暴力団への所属歴、暴力団との関係、刑事処分歴、行政処分歴、現在の財務状況などの個人情報と、社会的・経済的な関係を維持している他者に関する必要な情報を提供する必要があります。

幹部だけでなく、カジノの全従業員が個人情報を提供する必要があります。

その他の重要な規制

また、日本のカジノ事業者が問題のあるギャンブラーにどのように対処すべきかについても検討されました。

この規則案によると、カジノ事業者は、依存症の疑いのあるプレイヤーを少なくとも1年間は入場禁止にすることが求められます。同期間経過後は、プレイヤーが日本のカジノに入場できる回数も制限されることになります。

カジノ事業者は、ギャンブル依存症について相談したい人のための相談窓口を設置することが求められます。

また、カジノフロアでは、すべての客が見られる場所に現在の時刻を表示しなければならず、ATM機はエリア内に設置することが禁止されます。

日本のIRの概要 カジノ開発計画

カジノゲーミングを合法化していない数少ない主要国の一つとして、この国はカジノ産業への参入に意欲的であることで注目を集めています。 統合型リゾートやIRによるカジノゲーミングの合法化を支援するために、2つの法案が成立しました。2016年の「統合型リゾート推進法」と2018年の「統合型リゾート実施法」です。

この2つの法律により、日本の中央政府はこの種の施設に対して最大3つのライセンスを発行することになります。IRライセンスを取得したい日本の都市は、投資して統合型リゾートを建設する意思のある民間パートナーを見つける必要があります。その上で、開催都市が中央政府に認可を申請します。

現在、IR開発に興味を示しているのは、横浜、長崎、大阪の3都市。

横浜市は、すでにIRカジノの予算を決めたことを公表しています。一方、長崎では、他の場所での入札において、潜在的な民間パートナーが5%の株式を保有することを禁止する規則をすでに設けています。一方、大阪は、統合型リゾートの提案書の提出期間の延長を発表しました。

関連記事




gambling laws

2021-07-19 01:22:01

政府はオンライン・カジノを合法化する予定はない


coinvsbet

2021-06-21 01:38:55

カジノスロットのコインバリューとベットレベルについて


Review-Page-Structurebottom_03

2013-11-07 02:27:00

その他のお支払い方法


Copyright © 2016 | All Rights Reserved.

up