MGMの大阪カジノプロジェクトの費用は? 

MGM カジノ

統合型リゾート(IR)事業による日本のカジノの合法化は、新たな市場として注目されていました。しかし、2つのIRカジノ法が成立した後、遅延が発生し、日本のカジノプロジェクトから撤退する企業もありました。しかし、米国の大手ゲーミング企業であるMGMリゾーツはその限りではありませんでした。

ラスベガスを拠点とするゲーミング会社は、日本の大阪で統合型リゾートのライセンスを取得しようとしています。

大阪カジノの唯一のIR候補コンソーシアムであるMGMリゾーツとパートナーのオリックスは、90.9億ドル(約1兆円)の投資を行う用意があります。 

なお、産経新聞の報道によると、この統合型リゾート・カジノは早ければ2028年に開業する予定です。

MGMリゾートと日本のオリックスは、7月20日に大阪市と大阪府に提案書を提出する予定です。

また、MGMリゾートと大阪府は、大阪の地下鉄を夢洲まで延ばすために、1億8,200万米ドル(約200億円)を追加で支出することも報道されました。

これらの費用を合計すると、IR候補共同事業体は大阪カジノの完成に100億円近くを費やすことになります。これは、日本における大規模な都市型IR開発プロジェクトの想定額でもあります。

大阪府は、この提案を検討した上で、MGMとオリックスを正式な運営パートナーとして承認するかどうかを決定します。

海外メディアのInsight Asian Gamingの別の報道では、大阪IR推進室の公式見解が引用されています。 「我々はMGMとオリックスと良い関係を築いてきた。今後も話し合いを続け、しっかりとした開発計画を立てていきたいと思う。」と述べている。

大阪府が申請を承認すれば、2022年4月までに国に申請を行う予定です

大阪のカジノには新たな候補者はいない

日本の統合型リゾートの各段階で、数々の遅れや障害がありました。

大阪では、今年2月に健康被害を理由に府と市が実施方針を大幅に変更しました。MICEスペースや宿泊施設を含むIR施設を段階的にオープンすることを認めたのです。

大阪IR推進室では、条件改定後、公平性を確保し、日本のRFP(提案依頼書)に参加する事業者を増やすため、追加募集を行いました。 同事務局では、2021年3月19日から4月6日まで追加募集を行います。

しかし、公募開始後、大阪はIRカジノ事業者候補から新たな回答を得られず、大阪のRFPに参加するのは1グループのみとなっていました。

公募が終了したことで、MGMリゾーツとそのパートナーであるオリックスが大阪の唯一のIR候補者共同事業体となりました。

 

日本のIR開発計画

IR整備計画では、統合型リゾートによる日本のカジノの合法化を目指しています。そのプロセスを支援するために、2016年の「IR推進法案」、2018年の「IR実施法案」という2つの法案が過去に成立しています。

中央政府は、最大3つのライセンスと場所をIR開発拠点として発行する予定です。

日本国内でIRライセンスを取得しようとする都市は、統合型リゾートに投資して建設する意思のある民間パートナーを見つける必要があります。国は、2021年10月から2022年4月までの間に、IRライセンスの取得を希望する地方自治体の申請を受け付ける予定です。

その後、地方自治体と提携するカジノ事業者が提出する施設認定申請書を中央政府が審査します。政府の承認が得られれば、認可を受けた事業者は2023年には統合型リゾートの建設を開始できる見込みです。

Copyright © 2022 | All Rights Reserved.

up