Online Casino And Crypto Coins

ビットコインカジノとは?

 

ビットコインは近年非常にポピュラーになってきている仮想通貨です。米ドルやユーロ、ポンドなどの不換通貨とは異なり、ビットコインは中央銀行がなく、市場仲間で独占利用できるというメリットで2011年に主流仮想通貨とになりました。

 ビットコインカジノの歴史

ビッ トコインネットワークが最初に登場したのは2009年。それからあっという間に全世界に広まりました。2014年には、世界最大級のオンラインショッピン グサイトを含む、世界中の何万ものビジネスでビットコインが利用されました。数百万ドルを稼ぐ主要なコンピューター小売会社で、ハイパーマーケットファニ チャーとして有名なデルとオーバーストックドットコムは、ビットコインを購入用通貨として利用する大企業のほんの一例です。

ビットコインカジノ

ビットコインカジノとは、ユーザーとカジノ間でビットコインアカウントを通じてお金が動くことで、24~37文字の範囲での数字や文字の列のことです。ほとんどのケースにおいて、手数料は無料です。

通 常のオンラインカジノやギャンブルサイトの管理でもっともコストのかかる点は、支払い処理です。ユーザーは毎回、クレジットカードやデビットカード、銀行 口座、ネッテラーやスクリル、ペイパルなどの電子マネーでお金を用意します。この場合、各サービスで手数料が発生します。

ほとんどのオンラ インギャンブルサイトではこの手数料が含まれており、プレイヤーが支払うことはありませんが、ギャンブルサイトの中にはいまだに会員から手数料を徴収する サイトもあります。例えばアメリカなどの、秩序の取れていないマーケットでプレイする方にとっては、顧客が賞金の最大10%ほどの手数料を支払わなければ ならないケースもあります。

これらのサイトが支払い処理に手数料も含んでいたとしても、せっかく稼いだ利益が減るような税金を払わなければなりません。しかし、オンラインギャンブルサイトは、手数料の減額や無償株の発行、クライアントなどの形式でロスを補償しなければならなくなります。

こ れは、ビットコインがオンラインカジノで利用するのに最適である理由のうちの一つです。さらに、入金や出金が無料であるということもポイントです。入出金 時に処理手数料が無料なのはココだけです。ビットコインカジノは、デポジットボーナスや他のプロモーションでより多くの配当金を出すことができますし、さ らに忘れてはならないのは、ギャンブルエンターテイメント界で最高の支払金を出してくれるという点です。

もうひとつ、ビットコインカジノで大切なポイントは、分散できること、政府や銀行の縛りがないということです。決められた通貨の銀行にある口座とは異なり、資金が止められたり凍結させられたりすることはありません。

ビッ トコインはプレイヤーが自分の資金をコントロールでき、選択も自由ですので、プレイヤーがしたいことは全部自費で可能となります。さらに、当サイトでユー ザーがビットコインでカジノを楽しむ場合は、完全匿名ですので安心です。ビットコインを利用できるギャンブルサイトの多くは、Eメールアドレスとパスワー ドを求めます。オンラインカジノの大半は、ユーザーの氏名や現住所などの個人情報はお伺いしません。

ビットコインカジノの選び方とは?

プレイするビットコインカジノの選択をお手伝いしますので、どこのサイトを選べばいいか不安に感じる必要はございません。条件リストを作成し、ユーザー様が適切なビットコインカジノを選んでいただけるよう最善を尽くします。

ライセンス

上 記で述べたとおり、オンラインゲームで特別なライセンスのあるビットコインカジノをぜひお試しください。ルールとして、ライセンスの有効情報はこのサイト に掲載されています。また、どこが認証を発行しているかを確認するのも大切です。さらに多くのカジノがビットコインを利用できるようになってきますが、残 念ながらまだ未認証のカジノも多いです。ライセンス認証がないということは、オンラインポータルとしての信用性がないとも言えるでしょう。当サイトの推奨 をお読みいただき、仮想通貨の使える信頼あるゲームサイトで思いきりプレイしてください。

ソフトウェア

ビッ トコインカジノプラットフォームの、もっとも有名なゲームでお試しいただくと、ゲームの妥当性や正確さがお分かりになると思います。理想的なビットコイン ギャンブルポータルサイトとは、フラッシュゲームがあり、携帯用サイトもあり、PCからもダウンロードができるというものです。それだけで、ギャンブル設 立のオーナーがすばらしい投資をし、顧客を大事に扱っているかということがわかると思います。毎月のビットコインの発展のおかげで、PCやタブレット、ス マートフォン用のソフトウェアの幅広さが伺えるでしょう。結果として、プレイテックやソフトスウィス、マイクロゲーミング、アリストクラットゲーミング、 ベットソフトなどの、最も有名で人気のあるソフトウェアプロバイダのゲーム内でこのコインでたのしむことができるのです。

評判

ビッ トコインギャンブルのサイトは、一般的なレビューや賞金の引き出しが簡単かどうかなどの評判から判断できます。ギャンブルサイトで遊ぶ前に、グーグル検索 で探してみてください。選択したオンラインギャンブルサイトのレビューがいろんなソース元から出てくると思います。それに加えて当サイトでは各機関の公平 なレビューも掲載しています。レビューセクションから探してみてください。オンラインゲームポータルサイトの他のユーザーからのレビューを、コメント付き でご覧いただけます。

お金を賭けて遊ぶということについて

ビットコインギャンブルは、いつでも楽しむことができて、さらにおこづかいも稼げるチャンスがあります。遊びすぎてしまったり、自分で管理ができなくなり始めてきたり、娯楽を上回るようなプレイをしたくなってきたら、ゲームをプレイする責任についての記事をお読み下さい。

仮想通貨を理解する

ビッ トコインカジノの世界に入る前に、ビットコインのシステムとその特徴についてしっかりと理解しておく必要があります。システムの特徴を理解するのには、少 し時間がかかるかもしれません。学んでおくべきことの中には、ビットコインの売り買いや、さまざまな為替取引などのニュアンスを知っておくことも含まれま す。ご自身で全操作方法を把握できれば、ビットコインがオンラインゲームでどれだけ信用性があり理想的なソリューションであるかがお分かりになるかと思い ます。

オンラインで使える仮想通貨の種類

 

仮想通貨(最近は暗号通貨と呼ぶことも多くなりました)と聞いてまず連想するのはビットコイン(Bitcoin)でしょう。

ビットコインは2008年に「サトシ・ナカモト」なる人物が発表した論文から始まりました。このいかにも日本人らしい名前の人物ですが、実は本人特定はできていません。時々「わしがサトシ・ナカモトである!」という人も出てきますが、大抵はネタ扱いで終わります。

いずれにせよ、ビットコインが仮想通貨の筆頭であることは間違いありません。

仮想通貨の種類

その後、仮想通貨にはビットコイン以外にも様々な通貨が生まれ、消えていきました。そういった通貨を、ビットコインの代替という意味でアルトコイン(alt coin)と呼んだりします。

今では大小あわせて1500種類以上のアルトコインがあると言われています(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会「仮想通貨取引についての現状報告」2018年4月10日)。

ICOで生まれる新しい仮想通貨は、もちろんそれまでの通貨にない新しい機能を持つのですが、資金力がない(=総発行枚数が少ない)、ターゲットがあまりに特化しているなどの理由により、一時的に投機対象になっても普及しません。そもそもICO自体が資金集めという性格があるので、一般に普及させる気がないのでは?という面もあるでしょう。

オンラインカジノで使用できる仮想通貨

仮想通貨で入出金できるオンラインカジノも増えてきました。そのメリットは[仮想通貨をオンラインカジノで使う]をお読み頂けばご理解頂けると思います。

一時期、使える通貨は多いほどよいと数だけは増えましたが、最近は淘汰されて強い通貨のみの取り扱いになり、安心感が増しました。

以下に、オンラインカジノでよく使われる仮想通貨をまとめました。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

初代仮想通貨、ビットコインは世界で最も有名で実績のある仮想通貨です。仮想通貨を扱うオンラインカジノでビットコインを使えないところはありません。同様に全ての取引所、ウォレット、仮想通貨対応のe-ウォレットで使えますので、ビットコインさえあれば他のアルトコインは不要、と言っても良い位です。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

ビットコインに続いて知名度のあるアルトコインです。イーサリアムは時価総額がビットコインに次いで高く、安定していると言えるでしょう。

個人売買にはあまり関係ありませんが、スマートコントラクトといって簡単な契約条項を埋め込んでブロックチェーンに渡すことができますので、金額だけでなく契約に沿ったものかをチェックできるのが特徴です。

ライトコイン(Litecoin/LTC)

仮想通貨二号、ライトコインです。ライトコインはビットコインの仕組みを利用し、ブロックチェーンにて取引をします。この際にビットコインでの処理より速いのが特徴です。ただし、その速さはビットコインに比べ途中の処理をすっ飛ばすことによるので、あくまで比較ではありますがビットコインより正確性は劣る、と言われています。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォーク(基本機能を継承しつつ仕様変更により枝分かれ)した通貨です。

基本的な機能はビットコインと同じで、一回に扱えるデータ量を増やし将来的な規模の拡大に備えています。

また、ビットコインも同様ですが、ブロックチェーンではマイナーと呼ばれる人(実際にはマイニングマシンと呼ばれるコンピュータ)が処理を検証し正確性を高めています。ビットコインキャッシュではこのマイニングがスムースに流れるように改善が施されています。

その他の仮想通貨

オンラインカジノで仮想通貨を使うには、まずビットコイン、そしてイーサリアムを持っておけば間違いありません。

上記以外で人気の高い仮想通貨をあげてみましょう。

リップル(Ripple/XRP)

リップルは正確にいうと単なる仮想通貨ではなく、リップル社が提供する決済システムの中で使用される通貨の名称です。

ビットコインとの違いは、リップル社という管理者がいる、ブロックチェーンではなく独自のネットワークを使うという点です。これにより、ブロックチェーン処理の遅延の影響を受けず、高速処理を可能にしています。

現在リップルを使えるオンラインカジノは少ないですが、上記の仕様により採用するカジノが出てくる可能性はあるかもしれません。

モナコイン(MONA)

モナ(モナー)と聞いて某巨大掲示板を連想する人は、インターネット歴の長い方でしょう。モナコインは2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から発生した、珍しい仮想通貨です。

日本のネットワークコミュニティから生まれただけあって、日本人同士で投げ銭やコミケでの支払いに使われているのが特徴です。参加ユーザのPCによる分散処理としているのも、日本のインターネット文化を表しているようで面白いです。

ただ、オンラインカジノを含む国際的な取引通貨として普及する可能性は低いでしょう。

以上、オンラインカジノと馴染みの深い仮想通貨をあげてみました。少額から初めて経験値をあげていくのも面白いですよ。

仮想通貨をオンラインカジノで使うメリット・デメリット

 

仮想通貨は種類こそ増え続けていますが、日常の生活で使うほど一般生活に馴染んではいません。その理由は市場価格の乱高下だったり、購入の煩雑さだったりするでしょう。

しかし、オンラインカジノで使用することを考えると、相性は良いのです。

仮想通貨のメリット

匿名性が高い

オンラインカジノで大勝利したことは、できれば知られたくないもの。イニシャルなどで事例として紹介されるならまだしも、個人名は出したくないという人は、日本人には多いのではないしょうか。

仮想通貨取引で個人情報が必要なのは取引所に口座を開設する時とカジノに登録する時だけです。仮想通貨そのものの送金や受け取りに関してはブロックチェーン上でやり取りされるため個人名は必要ありません。

仮想通貨の口座番号ともいうべきウォレットアドレスは、27~34文字のランダムな英数字からなります。これには個人情報は紐付いていません。ブロックチェーンでこのアドレスの受け渡しをする時は暗号化されているため外部からみてもアドレスは特定できません。更に、ブロックチェーンでの取引は多段化することができ、階層が増えるほど暗号強度が増し、更に取引の内容の精査が複数回行われるため、不正や間違いも少なくなります。

取り扱い額が大きい

一般に、法定通貨(円、USドル、ユーロなど一般社会で使用されている通貨)に比べ、仮想通貨の方が取引上限は高いです。

ecoPayzのSilver会員における取引の最大金額は

クレジットカードの単一取引最高限度額が1,000.00 ユーロであるのに対し、仮想通貨では9,999.99 ユーロと桁違いに大きくなっています。これがそのままカジノの入出金限度額ではありませんが、仮想通貨の使えるオンラインカジノでは、最大入金・出金額は概ねクレジットカードやe-ウォレットよりも大きく設定されています。

誰もが最大額まで出し入れするものでもありませんが、ジャックポットで一山当てた時に必要かもしれません。

仮想通貨のキャパシティが大きいことは覚えていて良いでしょう。

出金処理が速い

最近はどのカジノもどの通貨でも出金にかかる時間は随分速くなりました。少し前は出金申請から着金まで、カジノ公式アナウンスでさえ数日というのが当たり前でした。

今では数時間以内というアナウンスが多いですが、色々な掲示板を見ているとカジノ側や受け取るe-ウォレットで数日の遅れが出ることがあるようです(掲示板に何かを書く人が大多数ではありません)。

仮想通貨の場合、カジノや取引所の手を離れてしまえば送金にかかる時間は、金額によらずほぼ瞬時に行われます。

カジノから出金する際には、賭け履歴に不審な点が無いかをチェックするので、ここで時間がかかったり差し止められたりする可能性はありますが、仮想通貨の問題ではありません。

手数料が安い

e-ウォレットやオンラインカジノでは、仮想通貨の手数料は安く設定されています。前述のecoPayzの場合、クレジットカードの入金では1.69~6.00% + 0.25 EURの手数料がかかりますが、仮想通貨では無料です。

仮想通貨のデメリット

反対に、仮想通貨のデメリットはどこにあるのでしょうか。

市場価格の乱高下が怖い

これは法定通貨として兌換性が無いため、致し方ないところではあります。購入時より出金時の相場が安いというのはありえるでしょう。

ただし、逆に考えれば、安い時に買って高い時に出金すれば、その間の勝利金も併せると含み益は更に増えます。

流出の危険性

取引所から仮想通貨が流出したという記事も目にします。どのようなシステムも、ネットに接続されている限りハッキングの可能性は避けられません。

しかし、記事を良く読むと、仮想通貨自体の問題よりも取引所の管理体制に問題があることがわかります。

仮想通貨を保管するウォレットには、大別してホットウォレット、コールドウォレットの2種類があります。ホットウォレットはネットに接続され、当座の入出金に使用されます。

コールドウォレットはネットには直接接続されていません。マルチシグという複数のキーの組み合わせで入手金が可能になる仕組みもあります。

今までの流出事件では、コールドを使わずホットだけで管理していた、マルチシグを使っていなかった等が原因であることが殆どです。

コールドウォレットにも幾つか種類がありますが、ハードウェアウォレットという機器ならUSBメモリのようにネットワークからは完全に独立しているので安全性は高まります。紛失してもパスワードやデータの暗号化のため流出はありません。

取引所対策としては、一箇所に集めるのではなく、複数の取引所、ウォレットを使い分けることで危険分散ができます。

処理遅延がある

なるほど、ごく稀に仮想通貨の送金処理が遅れることがあります。これはブロックチェーン処理が過負荷になった時に起こります。この件に対しては、ブロックチェーンへの手数料を多く払い。処理優先度を上げることである程度避けられます。この手数料はカジノが負担します。どの程度の払っているか正確な金額は明らかではありませんが、カジノの中の人にこっそり聞いた範囲では、個人取引よりかなり高額に支払っているとのことです。

購入が面倒

確かに、仮想通貨を購入するために取引所に登録し、口座を開設するのは面倒です。しかし、その処理自体はカジノで本人確認を行うのと同じです。取引所にメールアドレス、氏名、電話番号などを入力して登録、本人確認書類を送って取引開始です。

書類そのものはカジノに出すものと同じなので使い回しができますし、最初の一度限りなのでそれ以降は何も難しいことはありません。

一度に高額を購入するのではなく相場を見て少しずつ買いましていくなら、円ドルレートを見て両替するのと同じです。

現金化が難しい

実際のところ、仮想通貨を使っていて悩ましいのがこれです。クレジットカードなどで購入、カジノに入金するまではいいのですが、勝利金をどう現金化するかが意外に難しいです。

一部のオンラインショッピング、大手量販店などではビットコインで購入できるところもありますが、どこでも使える訳ではありません。

これはどの取引所やウォレットを選ぶかによります。仮想通貨を一旦ドルなどの法定通貨に換金し、それを銀行送金またはプリペイドカードに移してATMから出金する、というのが現実的ではないかと思いますが、それぞれの処理に手数料がかかります。

仮想通貨が危険というのは投機目的で一度に高額のやり取りをするからで、財布の一つとみた場合にはさほど恐れることはありません。むしろ処理の速さや手数料の安さなど、日常の取引に対するメリットが大きいでしょう。

海外のカジノでは仮想通貨を取り扱うカジノが多数あり、今後もどんどん日本史上に進出してくると思われます。

仮想通貨のウォレットを作り、いつでも使えるようにしておく事はプラスになってもマイナスにはなりませんので、一度検討してみてはいかがでしょうか?

暗号コインを使用できるカジノ

Copyright © 2016 | All Rights Reserved.

up